茎わかめやからしれんこんチップ・種ぬき干し梅など、各種一般・業務向けの珍味/おつまみの製造、卸、販売企業。

Sokan 株式会社 壮関

Sokan 株式会社 壮関
トップページコーポレートメッセージ企業情報製品情報ネットショッピング採用情報ニュースリリース
企業情報 経営理念・会社概要事業展開沿革
トップページ > 企業情報 【事業展開】
サイトマップ お問い合わせ
事業展開
営業部・品質保証室・企画開発課
消費者の志向をよみ、具体化する
【営業部】
私たち営業部の役割は、21世紀の「食」の多様化に対応するご提案をコンビニエンスストアやスーパーマーケット、外食産業という分野を通じて消費者に届けることです。そして、営業活動を通じ、お客さまから寄せられるメッセージを貴重な財産と捉え、社内関連部門全てで共有化し、商品開発に役立てるための仕組みづくりに取り組んでいます。
「素材菓子」という独創的な商品を扱う者として、ご提案に際しても笑顔とぬくもりを意識しながらお客さまとともに新しい「美味しさ」を追求できることが、我々営業部の仕事の醍醐味と言えるでしょう。
【品質保証室】
品質保証室では、毎日製造される製品の検査はもちろんの事その製品が規格にあって製造されているか、常に厳しくチェックを行っております。
生産本部では全ての作業がマニュアル化されています。調味・配合は勿論のこと手洗いから作業台の拭き方、更には拭いた後のふきんの保管まで徹底的に管理しています。
それらは全ての工程でマニュアル通りに作業されているか我々品質保証室が日々チェックを行っております。
他にも役割は多種・多様です。工場内部の安全や衛生の管理、従業員の健康チェックや衛生指導も行います。私たち品質保証室は、毎日工場で作られる商品が、おいしくて、安全で、安心してみなさまに届けられるよう、日々努めております。
【企画開発課】
壮関の商品開発は、「誰かが喜ぶイメージ」の他に「ユニークさ」「素材そのものを利用する」そして「体に良いもの」という要素をバランスさせ、発想するところから始まります。そのために、我々が欠かさないのは、色々な方の声に耳を傾けることです。
今の時代に求められているものを敏感に察知し、それを商品に反映するべく、日々研究・試作を行っています。おいしいもの・体に良いものを作るためには、いい素材との出会いも必要です。試作品の中で、陽の目を見ることが出来るのは、ほんの一部に過ぎません。たくさんの失敗を経てようやく市場に出回る商品が生まれます。
常にお客さまの声に耳を傾け、お客さまの志向をよみ、具体的な製品プランに仕立て上げることが、私たち企画開発の役割と言えるでしょう。
イメージ
イメージ
イメージ
 
SCM部(購買・受注) supply chain management
原材料の調達からお客さまに届けるまでのサプライチェーンの全体最適化を目指して

全てのお客さま、お取引先さまの管理を任されている一番中心に位置する部署です。毎日の受注業務は壮関の「顔」として常に笑顔を絶やすことはありません。

また、SCM部は常に各部署からの情報を収集し、予測をたて原料や資材等を的確な時期に的確な数量を仕入れなくてはなりません。
みなさまに愛される商品を生産するには原料も大切です。壮関では中国、ベトナムなどに協力工場を有し、安全で安定した原料供給に努めています。
SCM部イメージ01
管理部
「結果処理型」から「未来展望型」へ 

環境変化の激しい昨今、総務部門には各部門のサポート役としての立場から脱却し、社内外の問題・課題を解決し、働きやすい職場環境をつくっていく司令塔としての役割が期待されています。

また、あらゆる情報の発信・集約の中心となり、共有化・効率化を進めながら新しい「経営管理業務」としてのミッションを担っています。
私達管理部は、そんな未来型を目指し、日々活動しております。
 
 
生産本部
国内初の海藻主体対米HACCP認定工場を有する
【生産本部
HACCPとは、1960年代に米国で宇宙食の安全性を確保するために開発された食品の品質管理の手法であり、食品の製造工程全般を通じて危害の発生原因を分析し、重要管理事項を定め、より一層の安全確保を図る科学的管理方式です。
米国、EU、カナダ、豪州では、すでにHACCPの義務化が実施されており、わが国においても厚生労働省が「食肉製品」「乳製品・アイスクリーム」「レトルト食品」「魚肉練り製品」「清涼飲料水」をHACCP承認品目と定めています。
壮関では、16年12月に稼動開始した矢板新工場において、17年10月にHACCP認定取得を実現することができました。安全かつ美味しい製品を消費者にお届けするために、妥協のない努力を惜しまないことが、我々生産本部の誇りとなっています。
イメージ
イメージ
イメージ イメージ イメージ
【生産本部(集中管理室)

SCM部、生産本部の全てのデーターがここに集まります。

SCM部でまとめられた注文を集中管理室にて分析し生産計画を立て、各ラインに効率的に振り分けられ、その生産計画を元に各ラインは分刻みで組立てをしていきます。生産数量に見合った人員を的確に配置し、そして必要であればリアルタイムに人員を各工程間で移動させ、製造コスト削減に努めております。

また、生産本部の各部署で打ち込まれた生産データーも集中管理室に集約されます。その分析データーは工程別に管理され、それを元に原価コストの管理や在庫管理、材料発注タイミングの支援等それぞれの部署へ配信されます。

集中管理室では工場内のあらゆる管理、データー収集、分析等を行っておりますが、工場内の設備関係も管理しています。冷凍庫、冷蔵庫内の温度や作業エリアの照明、空調のコントロールなどを24時間365日徹底して管理しております。

全てはより安全でおいしい商品を生産することを責務としているからです。
このページのトップへもどる